移民研究年報

編集委員会より

『移民研究年報』第28号 原稿募集のお知らせ(2021年6月20日)

『移民研究年報』第28号(2022年6月発行予定)への論文・研究ノートの募集について案内します。特集テーマは、「帰還・移動・再移動」です。下記の趣意文をご参照下さい。

特集「帰還・移動・再移動」

第30/31回年次大会(2021年6月19日・20日)では、「人びとの帰還/移動/再移動を考える」をテーマとした大会シンポジウムを開催しました。このシンポジウムでは、個人や社会集団の移動は「一度で終わるわけではない」ことにあらためて注目し、移住後に「本国」や「歴史的故郷」へと帰還する人々、ほかの地域に再移動する人々の移動が、いかなる政治的・社会的・文化的な再編をもたらしたかを論じられました。その議論の射程は、戦争終結による植民者の送還や引揚げ、強制収容後の帰還や再定住、日系南米人や中国帰国者などの日本への移動、非正規移民の収容と強制送還、難民の第三国定住や帰還など、多様な時代・地域・対象集団を含んでいます。本特集では、帰還や再移動と結びついたさまざまな移動のかたちから、既存の移民研究の前提を問いなおし、移動と社会の複雑な関係に挑戦する、意欲的な論稿を募集します。

また、一般の論文・研究ノートの原稿も募集しております。論文(特集/一般)および研究ノート(特集/一般)の投稿規程および執筆要領については、以下のリンクをご参照下さい。

原稿提出は以下の要領でお願いします。

事前申込

8月末まで

投稿希望者は日本移民学会編集委員会および編集委員長宛にE-mailで事前申込みを行う。その際、氏名・所属・論文/研究ノートなどの種別・仮論文題目・使用言語を伝達する。

投稿期間

9月15日〜9月30日(締切厳守)
投稿希望者は、提出ファイル一式(下記①~③)をE-mailにて期限までに編集委員会宛に送信する(ファイルはPDF形式が望ましい)。

①申込書:ホームページからダウンロードして記入する。ファイル名は「[投稿者氏名]〇〇号申込書.pdf」とする。(例)山田太郎28号申込書.pdf

執筆申込書(WORD)

②原稿:詳細は投稿規程および執筆要領に従う。 ファイル名は 「[題名の先頭10文字全角].pdf」とする。(例)戦後70年の中南米に.pdf
原稿には本文中においても氏名・所属・肩書など投稿者が特定できる文言は記入しない。

投稿規定(PDF)

執筆要領(PDF)

③当該年度の年会費支払記録。ファイル名は「[投稿者氏名」2021領収書.pdf」とする。(例)山田太郎2021領収書.pdf
ファイル形式はjpg (写真)でも良い。また、学会webシステム(e-naf)の学会費納入履歴表示コピーでも良い。

編集委員会連絡先

〒603ー8577京都市北区等持院北町56-1
立命館大学国際関係学部 南川文里研究室気付 日本移民学会編集委員会

 [E-mail] 
editorsjams2021(a)gmail.com (編集委員会・投稿先)
〔(a)には@を入れてください。〕

移民研究年報一覧

バックナンバーの購入について

『移民研究年報』のバックナンバーにつきましては、 明石書店がお取次ぎいたします。連絡方法を事務局がご案内いたします。まずは事務局にご連絡ください。