「アジアとアメリカの帝国を超えて Part I」国際シンポジウムのご案内
2013年7月29日(月)開催


2013年7月29日(月)に京都大学品川オフィスにて、国際シンポジウム「アジアとアメリカの帝国を超えて PartI」が開催されます。アジア系アメリカ研究やマイノリティ研究、帝国研究など、幅広い方面からのご参加をお待ちしております。参加ご希望の方(無料)は、メールでaasjapan@zinbun.kyoto-u.ac.jpまで、お名前・ご所属・ご連絡先をお知らせください。
 なお「アジアとアメリカの帝国を超えて Part II」は、2013年10月12日(土)に、Edward Chang 氏(UC Riverside) 、外村大氏(東京大学)らをお招きして、同会場において開催予定です。詳細は後日お知らせ致します。
多数のご参加をお待ちしております。


-----------------------------------------------------------------------------------
国際シンポジウム「アジアとアメリカの帝国を超えて」(Part 1)
【日時】2013年7月29日(月) 13:00~18:20
場所京都大学東京オフィス(品川駅すぐ)http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/tokyo-office/about/access.htm
主催「人種表象の日本型グローバル研究」(科研基盤(S))
共催京都大学人文科学研究所
企画アジア系アメリカ研究有志(中村理香・菅美弥・李里花・佐原彩子)
趣旨本シンポジウムでは、日本国内外の研究者を招き、マイノリティ研究が帝国論や人種・エスニシティ論にたいしてどのような提言ができるのか、現在の帝国論・人種エスニシティ論に欠けている視点は何かを問い直し、新たな学問的・実践的課題を提案する。
【使用言語】英語
-----------------------------------------------------------------------------------
【プログラム】
(12:40 開場)
<趣旨説明>矢口祐人(東京大学)


<第一セッション>13:10-14:50
司会: 兼子歩(明治大学)
発表: Nikhil Pal Singh (New York University)
レスポンダント: 松本悠子(中央大学)・土屋和代(神奈川大学)


<若手リレートーク>15:00-16:00
司会: 菅美弥(東京学芸大学)・李里花(多摩美術大学)
発表: 松坂裕晃(ミシガン大学/早稲田大学)・宮井 真依子 (成蹊高校)・新津 厚子(日本学術振興会)・Johanna O.
Zulueta(琉球大学/一橋大学)・星野統明(コーネル大学)


<第2セッション>16:20-18:00
司会: 中野聡(一橋大学)
発表: 蘭信三(上智大学)
    東栄一郎(University of Pennsylvania)
    Edward Park(Loyola Marymount University)
<質疑応答・全体討論>
<閉会の辞> 竹沢泰子(京都大学)


【お申込み・お問い合わせ】
aasjapan@zinbun.kyoto-u.ac.jp
URL: http://race.zinbun.kyoto-u.ac.jp