jams_header.gif

jams_kenkyu_bar.gif

第9号(2003.3)

<特集:移民の言語と教育>
移民の言語と教育―ブラジル日系移民・仲里眞榮ロドリーゴの個人史を通して―森本豊富

第二次世界大戦のハワイにおける公立学校教育と日系二世のアメリカ化―マッキンレー高校の事例を中心に―足立聿宏

「私はアルゼンチン人です」―20世紀のアルゼンチンにおける日本移民の下位世代のことばとアイデンティティ志向の形成をめぐる一考察―比嘉マルセーロ


<論文>
「アメリカを守る闘い」としての1952年移民法改正―パトリック・A・マッカランの関与と諸争点の検証―菅(七戸)美弥

国籍とナショナル・アイデンティティー―コリア系日本人の事例から―佐々木てる

明治前期の帰化許可者―「特別の詮議」による帰化をめぐって―浅川晃広


<研究ノート>
エスニック学生組織の果たす社会的役割―フィリピン系アメリカ人組織を事例として―木下 昭


<日本移民学会第12回年次大会報告>
シンポジウム「移民と世代」をめぐって 坂口満宏他


<書評>
武田尚子『マニラへ渡った瀬戸内漁民―移民送出母村の変容』・・・木村健二
坂口満宏『日本人アメリカ移民史』・・・南川文里
守屋友江『アメリカ仏教の誕生―二〇世紀初頭における日系宗教の文化変容』・・・山本恵理子
渡辺雅子『ブラジル日系新宗教の展開―異文化布教の課題と実践』・・・中野達司


<新刊紹介>
S・マーフィ・重松『アメラジアンの子供たち』・・・篠田左多江
矢口祐人『ハワイの歴史と文化』・・・白水繁彦