JAMS 日本移民学会JAMS 日本移民学会 PortugueseJAMS 日本移民学会 PortugueseJAMS 日本移民学会 englishJAMS 日本移民学会 englishJAMS 日本移民学会 EnglishJAMS 日本移民学会 English

JAMS 日本移民学会

JAMS 日本移民学会

編集委員会より 『移民研究年報』第25号 原稿募集のお知らせ

『移民研究年報』第25号(2019年6月発行予定)への論文・研究ノートの募集について案内します。

特集テーマは、「周年記念から日本人移民を考える」です。下記の趣意文をご参照下さい。

特集: 周年記念から日本人移民を考える


 2018年は日本人移民にとって重要な年にあたる。ハワイへの「元年者」、アメリカ西岸の「若松コロニー」へ日本人が渡って150年を重ねる。そして、ブラジルへ「笠戸丸」が出帆して110年を数える。もう少し広く目を向けると、ハワイからグアテマラへの再移住(1893年)は125周年、キューバやメキシコへの移住(1897年)は昨年、そしてペルーへの移住は来年に120周年を迎える。このように、近年には日本人移民の周年記念が重なっている。
 本誌では、15号(2009)において周年記念祭に関する特集が編まれたことがある。今回の特集では記念事業に限定せず、新たな視点からの学際・国際的な研究を期待する。例えば、環太平洋をめぐる移住先の地域差、2~30年におよぶ時間差の持つ意味が問い直される。また、記念事業にありがちな成功談だけでなく、それに隠された負の歴史についても注目せねばならない。
 節目の年に、改めてグローバルな視野から日本人移民を再考し、新しい移民史研究の飛躍を期待する。


また、特集に限らず、一般の論文・研究ノートの原稿も募集しております。投稿要領などの詳細は、日本移民学会ホームページおよび『移民研究年報』最新号をご参照ください。

原稿提出は以下の要領でお願いいたします。
【事前申込】8月末まで。日本移民学会編集委員会宛にE-mailで事前申込みを行う。その際、氏名、所属、特集/論文/研究ノートの種別、仮論文題目、使用言語を伝達する。

【投稿期間】9月15日~9月30日(当日消印有効、締切厳守)
投稿希望者は提出資料一式(下記a~c)をE-mailにて期限までに編集委員会宛に送信する。(ファイルはPDF形式が望ましい。)
ただし原稿の内容によっては、紙での入稿を要請することがある。

a.申込書:以下のリンクからダウンロードして記入する。印刷は1部。ファイル名は「[投稿者氏名]○○号申込書.pdf」とする。(例)山田太郎24号申込書.pdf
LinkIcon執筆申込書のダウンロードはこちら(PDF)
LinkIcon執筆申込書のダウンロードはこちら(WORD)

b.原稿:詳細は執筆要領(以下のリンクからダウンロード)に従う。ファイル名は「[題名の先頭10文字全角].pdf」とする。(例)戦後70年の中南米に.pdf
原稿には本文中においても氏名・所属・肩書など投稿者が特定できる文言は記入しない。
LinkIcon執筆要領のダウンロードはこちら(PDF)

c.当該年度の年会費支払証拠。ファイル名は「[投稿者氏名]2018領収書.pdf」とする。
(例)山田太郎2018領収書.pdf    
ファイル形式は.jpg(写真)でも良い。また、学会ウェブシステム(e-naf)の学会費納入履歴表示コピーでも良い。


【編集委員会連絡先】
 〒603‒8577 

京都市北区等持院北町56-1
立命館大学文学部地理学教室 河原典史研究室気付 『移民研究年報』編集委員会
 [E-mail] editorsjams2011(a)gmail.com 〔(a)には@を入れてください 〕
代表電話: 075-465-1957 (FAX兼)

移民研究年報一覧

日本移民学会ニューズレター