JAMS 日本移民学会JAMS 日本移民学会 PortugueseJAMS 日本移民学会 PortugueseJAMS 日本移民学会 englishJAMS 日本移民学会 englishJAMS 日本移民学会 EnglishJAMS 日本移民学会 English

JAMS 日本移民学会

JAMS 日本移民学会

  日本移民学会 会長挨拶

2016-2017年度会長
高木(北山)眞理子




 去る6月に行われました年次大会で、森本豊富前会長を引き継ぎ、日本移民学会の会長に就任させていただきました。微力ではありますが、少しでも学会のために貢献できますよう努めてまいりたいと思います。また今回は、森本前会長のもとで改正された会則のもと、新しい理事会体制となっての第一歩です。学会員の皆様のご理解をいただきながら、河原典史副会長、菅美弥副会長、そして浅香幸枝事務局長と手を携えて、より活発な学会活動ができるように力を尽くしていきたいと存じます。
 日本移民学会は1991年に創立され、今年2016年で25周年を迎えました。この間、日本においての移民研究のあり様も変化してきました。日本から海外各地への出移民の研究から移住先への適応やコミュニティの研究、戦前の植民活動の研究、そしてちょうど移民学会発足の頃から顕著になっていた、多様な国々から日本に向かった労働や留学のための人々の国際移動やその人々のつくるコミュニティ研究など、多様な研究が行われています。また、移民研究は日本人の関わるものに限らず、ヨーロッパ、南北アメリカやアジア、そしてまさにグローバルで多様な人口移動を、国際関係、歴史、社会学、人類学、教育学などの学際的なアプローチで研究するものを含み、ますます広がりを見せています。
 昨年(2015年)度までの2年間、本学会はJICA横浜・日本移民学会共同開催の公開講座シリーズ「日本人と海外移住」を実施し、盛況のもと終了しました。今年度は、この公開講座に基づき、移民研究のすそ野を広げるのに役立つような出版物の発行をめざしていきたいと考えています。また、日本人の移民先での定着プロセスやエスニックグループ間の相互交流の研究を深めるために、海外の研究者や研究機関との交流も深めていきたいと思います。どのような形での共同研究や連携関係が可能なのか、特に海外に向けて開かれた移民研究機関として本学会が発展していくためには、のりこえるべき課題が横たわっています。会員の皆様にはぜひ積極的にご意見を出していただき、ともに日本移民学会の新しいあり方を作り出していきたいと思っております。新理事会では、年次大会や移民研究年報の編集発行を引き継ぐだけでなく、新企画も行おうと思います。「冬季研究大会」は、特に若手会員に、萌芽的な研究、野心的なテーマの発表の場を提供する新しい試みです。こうした活動を行いつつ、これまで行ってきた「ワークショップ」についても再検討をし、会員の皆様に役立つ企画を進めていきたいと思います。
 日本移民学会は会員数約400名の学会です。会長、副会長、事務局長そして「理事会」は、組織としての学会の円滑な運営を行うという大きな仕事を担っています。これまで本学会は、こういう煩雑な仕事を、事務局長を中心とした役員が大変なエネルギーと時間を費やして進めてきました。しかし名簿管理や会計処理など、学会の仕事が煩雑になるにつれて、事務局を外注する必要性が浮上しました。今回、新しく理事会体制となった学会は、事務支局をつくり、そこに事務局の仕事の一部を委託する道を選びました。今年度、2016年度は特に移行期となり、学会の通常の仕事に支障が出る可能性もありますが、今後の学会事務がより円滑に進むためのりこえるべきハードルですので、会員の皆様のご理解を賜りたくお願い致します。これまで大変な事務局の仕事を引き受けてきて下さった代々の事務局長、会長、副会長、幹事の皆様に心より感謝致しますとともに、今後の学会をますます盛り上げるため、新理事とともに努力を重ねてまいります。どうぞよろしくお願い致します。

日本移民学会ロゴマークについて



日本移民学会の英訳「the Japanese Association for Migration Studies」の頭文字を構成しています。曲線による全体的なつながりは、移民・移住がもたらす様々な課題や問題を表すと同時に、多様な分野にわたる研究活動を行っている本学会の特徴を意味しています。
 また「j」は本学会員を象徴し、「AMS」の部分は「人々」がお互いに手を合わせている姿をイメージ化したものです。さらに、三つの丸点は「衣・食・住」の三要素を示しています。
 テーマカラーは「青」と「赤」。移住のためにわたってくる「海」と研究者たちの「情熱」をそれぞれに象徴しています。
 有機的に広がっていくこのロゴタイプは、日本移民学会が未来に向けて発展していくことを願い、その期待を込めてデザインしています。 (デザイン:金ミンコン[JAMS会員]、監修:正木賢一)

● お問い合わせ



《事務局》
〒466-8673
愛知県名古屋市昭和区山里町18番地
南山大学外国語学部 浅香幸枝研究室気付
日本移民学会事務局
Tel. 052-832-3110(内線3581)
E-mail:


《事務支局》 
(学会誌発送関連)
〒602-8048 京都市上京区下立売通小川東入ル西大路町146
中西印刷(株)学会部 内
日本移民学会事務支局
E-mail: jams@nacos.com

日本移民学会ニューズレター